忍者ブログ

MTBツーリングブック関東版

関東版のコースについての情報があれば、コメント欄に書き込みをお願いします。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

城峰山-界隈 2010/12/11

2010/12/11
城峰山界隈の2コースの近況報告です。

①石間峠→鐘掛城→門平集落
 快適です

②石間峠→宮本
 ココも快適でした

コース上に、雪が少々ありました
根雪になる前に、表参道も走りたいと思います。
===============
宮本から石間峠への車でのアプローチですが、
舗装道路が2011/03/31迄工事中通行止です
迂回路が東西にありますがいずれも大幅な距離増となります。

城峰山

独楽さん、こんばんは。
昨日、走られたのですね&情報ありがとうございました。

城峰山も毎年2月に山サイ研ヒルクライムレース(須山カップ)やっています。雪があるかないかで、レースの面白さが変わってくるようです。
須山カップのレポも集中ランのページにありますので、こちらもよかったらご覧ください。

城峰山-登山道 2010/12/18

2010/12/18
城峰山登山道、2コースの近況報告です。

③表参道コース
 神社キャンプ場→男衾登山口
 乗車率100%、全て下りで15分
 <さすが、ツーリングブックで紹介しているコースです。
 楽しい下りでした> 
 
 コース分岐→半納登山口(徒歩にて散策)
 登り返しはあるが下りは乗車出来ます

④南尾根コース
 キャンプ場→漆木登山口
 乗車率は60%程度、1時間20分
 南側のまき道は伐採倒木・棘植物・崩れやすい地表で荒れていました
 本コースを通るほうが良いと思います

 コース分岐→中郷登山口
 傾斜のある極細道ですが
 乗車率100%、全て下りで15分でした
 <私はこの区間が、イチバン気に入りました>
===========
4コースとも、とても楽しい道でした。
良い山です!<じょうみねさん>

じょうみねさん

独楽さん、こんにちは。

今週も城峰山行かれていたんですね。
貴重な報告ありがとうございました。

2月の須山カップへもよかったらご参加ください。

TRACKBACK

Trackback URL:
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
[11/10 K藤@山サイ研]
[11/04 神田]
[09/12 K藤@山サイ研]
[09/11 ぴーすけ]
[08/30 K藤@山サイ研]
[08/30 良@yamasai]
[08/29 ぴーすけ]
[05/07 GPS大王]
[05/05 K藤@山サイ研]
[05/05 GPS大王]
[12/22 K藤@山サイ研]
[12/19 独楽]
[12/13 K藤@山サイ研]
[12/13 独楽]
[12/12 K藤@山サイ研]
HN:
YSK
性別:
非公開
自己紹介:
MTBツーリングブック(関東版)を初めて出版してから早16年、続編の「秘蔵版MTBツーリングブック」の出版も早くも11年も前のこととなってしまった。この2冊本で紹介されたコースの中には1990年・1995年の実地踏査の時から大きく状況の変わったところも多々ある。本来ならば、改訂版でも出して対応すべきかもしれないが、諸般の事情により、なかなかそうもいかないのが現状である。ただ幸いなことにインターネットが普及して、wwwを取り巻く環境も一般的になってきて「MTBツーリングブック」のフォローをweb上で行ってきた。このページの情報が少しでも山岳サイクリング愛好者の参考になればと思っている。

また、このHPを訪れてくれた方々にお願いがある。この「MTBツーリングブック」を利用してもらえるのはとても嬉しいことだが、この本のルートを鵜呑みにせずに自分で地図を読み、インターネットなどを活用し事前調査をした上で、山岳サイクリングを行って欲しいと思うのである。そのようにしてサイクリングの経験を積むにつれて、自力でプランニングする楽しさも発見できるだろう。そしてより充実したサイクリングを楽しんで欲しいと願ってやまない。
Copyright ©  -- MTBツーリングブック関東版 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Photo by Geralt / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ